2016年9月12日月曜日

ちょっと涼しくなってきましたが……

今年は、台風多いですね!

天気も、晴れたり荒れたり、気温も上がったり下がったりで、体調すこぶる悪いです。

ですが、秋を実感するこの頃、金沢ではたくさんのイヴェントが計画されているようですよ!

先週もお伝えした、金澤町家巡遊や、毎年恒例の金沢ジャズストリートなど、楽しそうなイヴェント盛りだくさんですが、一番気になるのはやはりこちら!

なんと衝撃的なデザイン!























今年、10周年を迎える、『カナザワ映画祭2016』です!

主流ではなく本流。

真の映画好きのためのフェスティバルとして長年愛され続けたこの映画祭も今年がラストになるとのことです。

正直、僕は映画に関しては知識が乏しく、語るべき言葉が見つかりませんが、日本映画(それも70年代から90年代)はとても好きでよく見ていた時期がありました。

一番好きな映画は、長谷川和彦監督作品「太陽を盗んだ男」。

「台風クラブ」、「A」、「ゆきゆきて神軍」、「日本以外全部沈没」など、繰り返し観たくなるものもたくさんありますが、中でも最高にかっこいいこの映画が今回爆音上映されると聞いて心がざわついています!

このポスター欲しい!























若松孝二監督作品「餌食」です。

主演は、日本のロックのドン内田裕也氏。

初上映時は、小学生だったためもちろん見ておらず、ビデオレンタルで拝見したのが26歳くらいだったと思います。

とにかく、全編緊張感が凄まじく、ラストシーンまでドキドキが止まらなかったのを今でも覚えています。

内容が、現在のモラルからかけ離れているため、DVD化が難しいらしく、絶版状態だそうです。

なので、この映画祭での上映は大変貴重な体験になると思いますので、時間が許される方は是非会場へ向かうことをお勧めします。

残念ながら、mashimashiは土曜日は営業中なので上映もトークイヴェントも参加できません!

どなたか、行った方、後でお話し聞かせてください!

珠玉の名曲ドーナツ盤!















和英