2014年6月3日火曜日

夏みたい!!

な日々が続いていますが、皆様ごきげんいかがでしょうか?

外はもちろん危険な感じですが、冷房を効かせた部屋の中で過ごすのも、風邪をひいてしまいそうでつらいですね。

それなら、季節外れだけど避暑地へ逃げ込もう!と思いたって、朝4時に起きて早々と準備を済ませて行ってきました、富山県の黒部峡谷へ!

先日、偶然ニュースで見たトロッコ列車運転開始の映像が頭に残っていただけの理由です。

家の車は軽自動車なので、高速道路での運転がちょっと不安なので、国道をひたすら北上して、宇奈月温泉に着くまで2時間半もかかってしまいましたが、午前7時半に無事到着。


「う」のマークが目印。

黒部峡谷鉄道の駅舎です。



































到着後、すぐにチケットを購入し、出発時間までトロッコ電車をじっくり観察。


小さくても力持ち。

窓の無い普通車両に乗り込みます。



































出発のベルが鳴り、いよいよ出発です。


遊園地の乗り物では有りません。



















始点宇奈月駅から、終点欅平(けやきだいら)駅までは、80分もの長旅です。

途中、吊り橋やダムなど日本の土木技術の高さを感じられる構造物が沢山有ります。

自然は、ほとんど人の手が入っていないかのような状態で、特に川の水の美しさに心奪われます。



見事なトラスアーチ橋





















アーチ型の吊り橋



















古城の様な発電所




小屋平ダム

古い鐘釣橋

まるで極楽浄土のよう





欅平に着く頃には、大自然に圧倒されたのと、電車の揺れで少々疲れ気味。

しかし、旅はココからが本番なのでした。

気を取り直して、さあ行きますか。



と言いたい所ですが、長くなってしまったので、続きは次回で。

り さん後はよろしくお願いします。



和英