2015年7月21日火曜日

本日も猛暑日!!!

連日の暑さで、身体まいってないですか?

先週末の3連休も、梅雨を通り越して真夏のような気候でしたが、皆様何処かに行かれたでしょうか?

mashimashiは、細々と営業していましたが、3連休の最終日は定休日だったので、皆に遅れまいと欲張りにも夏休みを先取りしてきましたよ。

こちらに越してきてから、ニュースや情報番組等で能登地方の夏のお祭りの様子を幾度も見ていたのですが、その大半が土、日曜日の開催で、営業日と重なることもあり、諦めていました。

先日、ふとした場所で珠洲市飯田町のお祭りが21日(月)、22日(火)の2日間の開催であることを知り、「これを逃しては、次はいつになるかわからない!」と思い、少々強引なスケジュールではありましたが、夏バテ気味の身体に鞭打ち、なんとか参加してきました。

旅の始まりは、のと里山空港に立寄り、NHKの連続テレビ小説『まれ』の展示イベントを覗いてきました。





















実際に、撮影で使用されたセットや、役者さんが着用した衣装などが展示されていました。

能登に入ってから、『まれ』の熱い盛上りを、行く先々で感じました。

NHK金沢放送局の目の前で営業しているのに、大手町ではあまり感じられないのはどうしてでしょう?


そのあと、珠洲へ進路をすすめ、夜のお祭りに備えて、抑えておいた宿で休憩をして、辺りが暗くなるのを待ってから、お祭り会場に入りました。


お祭りの正式名称は「飯田町燈籠山祭り」。

会場周辺には、沢山の出店が見られました。

メイン会場は、以上な熱気に包まれ、今まで体験したことの無いような興奮を覚えました。


えんま様。























毘沙門天。























勢揃い。




















代々受け継がれて行く営みの重さを実感した、貴重な時間でした。

そのあと、花火大会もあり、祭りは最高潮に!

























無理をしても、行ってみて良かったです。

町の皆さん、勇気と感動を、どうもありがとう!!


明日からまた、元気にがんばりまっす!!!



和英