2015年8月25日火曜日

夏の終わり、富山へ。

お盆を過ぎて、すっかり暑さのピークも超えた感がありますね。

今年の夏は、新幹線開業の影響もあってか、欧米からの観光の方が、今までに無く多かった様に感じられました。

こんな感じは、金沢の長い歴史の中でも初めてなのではないでしょうか?

多くの外国からの観光客の方が、当店にも足を運んでくださいましたが、言葉が思うように通じず、大変苦労しました。もう少し、勉強が必要かな?


さて、今週で夏休みも終わり、すこしづつ秋を感じられる様になりますが、去り行く夏を惜しむかの様に、日帰りで富山市へ出かけてきました。


新しくなった富山駅!

富山と言えば薬売り!




































ほんとは、新幹線に乗ってみたかったのですが、あまりに近いのでそれは次回にと、車で向かいました。

新幹線開業に伴い、新装された駅舎はガラス張りで綺麗でした。

駅出口には、代名詞「富山の薬売り」のブロンズ像がお出迎え。

旅行気分、盛り上がってきました!


そこから、北へ10分程歩いた所にある『富岸運河環水公園』を目指します。





















少し、雲が多かったのですが、かえって暑さを感じることもなく、快適に過ごせました。

整備されてまだ時間が経っていない様で、全ての設備が美しく、とても気分が良かったです。


天門橋。
















泉と滝の広場。





















とても広く、開放的で、オランダか何処かのヨーロッパの国に訪れているかの様な気分になります。

富山の方は、とても素敵な財産をお持ちで、ちょっとうらやましくもなります。


天門橋の支柱塔は、上まで登ることも出来ます。

そこからの眺めは、更に快適な気分を味和えます。



もう、ここがどこだか分からなくなります。 



































大満足で、公園を跡にし、お腹がすいてきたので、有名なあのお店に!


まっくろです!



















噂は聞いていましたが、実物は想像を超える真っ黒さ。

味の方も負けじと、かなりのインパクトがありました!


食べ終えて、近くの富山城址公園へ。

金沢のお城には天守閣が無いので、ちょっと新鮮な感じです。




















足早に巡ってきましたが、まだまだ奥が深そうなので、今度またゆっくりと訪れたいと思います。




和英

0 件のコメント: